ブラック・ライブズ・マター運動について黒人YouTuberが思うこと Marques Brownleeほか

YouTuberニュース

2020年5月に始まったブラック・ライブズ・マター運動は、近年の反差別運動を超える空間的な広がりと時間的な長さを見せています。しかし、暴力に発展することも多く、批判も絶えません。

今回は、黒人YouTuberたちの声をまとめました。一方では当事者でありつつも、他方では運動との距離の取り方に悩む意見が見られます。

マーカス・ブラウンリーの声明

YouTube登録者数1200万人のマーカス・ブラウンリー(Marques Brownlee)です。急上昇の常連でもある有名YouTuberです。

5月末、運動が広がり始めたころにこのようなツイートをしました。

もちろん、このところ僕はジョージ・フロイドさんの事件についていろいろ考えていました。もちろん、どうしていつものように近所に走りに行った黒人男性が殺されてしまったのかも考えていました。もちろん、このタガの外れた大統領がどれほど危険なのかも考えていました。もちろん、僕の発言力を「正しく」使ってみんなが耳を傾けるべきメッセージを広めるにはどうしたらよいのかも考えていました。

当然、「君は黒人だろう」「黒人であることについて何か言いなよ」「ハッシュタグつけなよ」を見るたび、ますます考えることになりました。

でも、ハッシュタグに飛びついたり、はやりの署名活動をツイートして「気運を高め」たりするのは違うんじゃないかと思うのです。確かにそれで何か変わるかもしれない。でも、日常的に人種差別があるのは歴然としているでしょう? 僕の考えが間違っているのかもしれませんが。

パンデミックで金儲けするための派手なロゴのついたマスクが多すぎる。悲劇を金に変えようとしたRIP Kobe1のTシャツが多すぎる。本当の社会運動をする代わりになっているハッシュタグが多すぎる。

要するに、こういうことです。発言力の使い方は人それぞれでいい。僕はもっと大きい運動にかかわりたいのです。それは、手本になって人を導くこと。他の人の手本になる人がすることをしたい。

ゴルファーとして、アルティメットのプレイヤーとして、テック系レビューアーとして、ずっと僕はその場でたった一人の黒人でした。行動は言葉よりも重いと信じている一人として、いつも正しい考えを実践しようとしてきましたし、自分にはできないと思っている人の手本になるため正しい選択をしようとしてきました。これが気運を高めるために僕がしてきたことです。僕自身がいいなと思えるような人になることです。

自分でかかわって、確かに社会をよくするのを見てきたコミュニティや組織に寄付をして助けるのが僕のやり方です。

でも、ここまで来ると、ハッシュタグもツイートも必要な気もします。身の回りで起こっていることを見て、何もせずにいるのはとてもいやなことだからです。

何をするかはその人次第です。それを大事にしたいものだと思います。

「少しでも変えられる限りは」──コービー・ブライアント

続いて6月上旬に公開された動画です。

Reflecting on the Color of My Skin

およそ同じ内容について語っていますが、最後に、多様なYouTuberの登録者になるだけでなく、観てほしい、と語っています。単に登録者になるだけで観ないとYouTubeは質が低いクリエイターだと見なすのだそうです。

YouTuberのジャーヴィス・ジョンソン(Jarvis Johnson)がマーカスのツイートにコメントしています。

マックの悩み

こちらは同じくYouTuberのマック(MacDoesIt)の意見です。彼は普段は独特のユーモアのある動画を投稿することで知られています。人種差別的な映像やゲイ差別的な映像を茶化す動画も作っています。

論争が多い問題に触れると賛否ともに強い言葉が飛んできます。精神的にこたえている様子です。

TROYCETVの意見

YouTuber トロイス(TROYCETV)の動画です。運動に対して批判的な見方をしています。

I N0 L0NGER SUPP0RT BLK L!VES MATTER :Corruption ,LIES & MORE LIES

最後までちゃんと観てくれ、反射的に反応するのは最悪だ、と断ってから始めています。

トロイスはブラック・ライブズ・マター運動も結局政治に利用されているだけだと語っています。ブラック・ライブズ・マターの募金サイトからは民主党を支援する団体に転送されます(民主党も議員は白人が大多数なのに)。運動の本質を理解していないセレブリティが参加して寄付を呼びかけるのも、不気味だと話しています。これからは資金がどこに流れているか不明の団体ではなく、身元のはっきりした個人を応援したいとトロイスは言っています。

8歳の黒人の女の子が撃たれて亡くなった事件がほとんど報道されていないことにも不信感を表明しています2。この運動が人々のためになっていないことを疑っているようです。

ディアンジェロ・ウォレスの考え

最後はYouTuberのディアンジェロ・ウォレス(D’Angello Wallace)です。彼は鋭い分析と事実の精査に定評のあるコメンタリーYouTuberです。

今回取り上げた黒人YouTuberたちは、全員、YouTuberとして成功しています。そのため、マーカスも認めている通り、比較的恵まれた立場にあります。彼らは、暴力的な運動には賛成しないが、差別は間違いなく事実なのだから、運動からは距離をとりつつ、自分のするべきことをしていこう、と覚悟しているように感じられました。

  1. 元NBAスター、コービー・ブライアントは2020年1月に事故死した。
  2. 抗議デモ参加者が築いたバリケードの前でUターンしようとした車が銃撃され、乗車していたSecoriea Turnerが亡くなった。少なくとも4人が発砲したと報道されている。
タイトルとURLをコピーしました