NASAが発表?地球の角度が原因でホウキが立つとミームに【ガセ】

おもしろネタ

2020年2月10日からネットで話題になっていたbroom challengeを紹介します。

NASAが発表?

Broom challengeは、ただほうきを立てるという内容です。

これをうけて、試してみる人が続々と出てきました。

(2020年5月24日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

卵も立っています。

YouTuberもほうきを立てる

美容YouTuberのトーマスです。

YouTuberのローレンです。各部屋で試しています。

モデルのリラです。

YouTuberのエドウィンです。

YouTuberのオースティンです。

明日も立つ?

残念ながら、毎日ほうきは立つようです。

The #broomchallenge isn't real & your broom will stand on its own tomorrow too

NASAとか地球の角度とか重力とか言われると信じてしまいそうになりますが、これは完全なガセです。

これは古典的な都市伝説です。似たようなネタに、「春分の日に卵が立つ」というのもあります。「立春に卵が立つ」というのもあります。「雪は天からの手紙」(「雪の結晶は、天から送られた手紙である」)という名言を残した物理学者、中谷宇吉郎の著書に『立春の卵』があります。中谷の結論は、「いつでもうまくバランスをとれば卵は立つ」です。

こちらの1999年のスノープスの記事では、卵やホウキが立つのは春分だけではないと書かれています。春分の日に特別な何かがあるというのはファクトチェック的にウソと結論づけられています。

Egg Balancing on the Equinox
There's nothing special about the equinox that allows eggs or brooms to be balanced on their end.

こちらはAP通信の1987年の秋分の日の卵立ての記事です。

Equinox Returns and Eggs Keep Balancing
WASHINGTON (AP) _ The twice-a-year day of equal light and darkness returns on Wednesday, and with it that special moment that some people believe is the onl...

おまけ

ほうきを立てようとして失敗した美容YouTuberのブレットマンです。
バランスって難しいですね。

【2020年2月17日】削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。

タイトルとURLをコピーしました