コネの力!Suzy Luが好き勝手に他人の動画をつぶし批判を浴びるがYouTubeは苦情を無視か

YouTuberニュース

今、他のYouTuberに強く批判され、嫌われているYouTuberがいます。

その人の名はスージー・ルー(Suzy Lu)です。スージーはスコットランド出身のYouTuberで、登録者数は37万4000人です。チャンネルでは人気アニメ『NARUTO -ナルト-』や『僕のヒーローアカデミア』にリアクションしたり、ゲーム動画を投稿しています。

Suzy Lu

スージー・ルー

2019年のYouTubeリワインドに一瞬だけ顔を出し、世界中から「コイツ誰だよ」と言われた人、それがスージーです1

彼女は自分のチャンネルでは著作権を侵害する動画を作っておきながら、彼女を批判する動画を(彼女の動画の一部を挿入しているので)著作権侵害だとして取り下げさせたり、ハラスメントだとしてペナルティを加えるようYouTubeに要請したりしていたのです。彼女が嫌われているのは、傍若無人な迷惑行為をYouTubeからのおとがめなしでやってきたからです。

スージーの横暴

こちらは、著作権侵害の申し立てを乱用してきたスージーを告発しているジョン・スワンの動画です。元動画はYouTubeのガイドラインに違反しているとして削除されてしまいました。再編集をして、投稿しなおされています。

Suzy Lu: The Most Problematic YouTuber You've Never Heard Of

スージーは人気アニメのリアクションをしています。動画のスージーはほとんど動かず、話もせず、アニメ動画をぼーっ…と見ています。

計測したところ、18分7秒の動画のうちスージーが話したのは合計3分30秒間でした。動画の81%にスージーは手を加えてません。フェアユース2ではなく、ほぼ違法アップロードしているようなものだ、とジョンは指摘しています。

さらに、スージーは過去に「自分を批判してきた動画」をYouTubeのガイドライン違反だと主張して削除要請をしていました。YouTubeはスージーの要望を聞き入れ、該当の動画をいくつも削除しています。

YouTuberのジョッシュ・ペスカトーレです。

(2020年8月2日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

カルロス・マザは左派系メディアのVoxで働いていた記者でした。2019年6月に彼はツイッター上で「右派系ニュースチャンネルを運営するスティーブン・クラウダーに長年いじめられてきた。このようなハラスメントを行うチャンネルをYouTubeは見逃している! YouTubeはスティーブン・クラウダーを追放するべきだ!」と主張しました。

YouTube CEOを巻き込み右派と左派がバトル!許される表現の範囲は?
6月上旬からYouTuberの間で議論されていた出来事を紹介します。主な登場人物は、コメンテーター兼コメディアンのスティーブン・クラウダー(Steven Crowder)とVoxの記者をしているカルロス・マザ(Carlos Maza)です。...

この騒動は海外の大手メディアでも報道され、YouTubeはガイドラインに新たな規約を設けることになりました。この改訂はYouTubeのいじめやハラスメントの予防のためとされていますが、表現の自由が脅かされたり3、動画の内容が大幅に制限されたりするのではないかと警戒されていました。

カルロス・マザは「無駄に騒ぎ立て、規制のきっかけになったので迷惑なことをした人物」だと、結果的にYouTuberの間では嫌われています。カルロス・マザは騒動後、Voxを解雇されています。

スージーはYouTubeとコネを持つと自慢している「特権的YouTuber」なので、スージーの意見が通されやすい現状は不公平だと批判されています。スージーを批判しているのは主としてスージーよりも登録者数の少ないチャンネルです。そのチャンネルの動画を「自分の気に入らない内容だから」コネを駆使して削除させる行為を繰り返してきたのがスージーです。嫌われるのも無理はありません。

またもや削除される

スージーの偽善的な行いを批判したジョン・スワンの動画も削除されてしまいました。

(2020年8月2日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

 

(2020年8月2日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

スージーについてYouTuberが話していると、大物YouTuberのキームスターも声を上げます。

YouTubeへ。スージー・ルーというクリエイターが今、批判されている。一年ほど前から彼女を批判している動画が、フェアユースにも関わらず次々と消されてしまっているんだ。しかも、スージーのチャンネルではアニメ動画を全編公開している、これはフェアユースじゃない。彼女は自分が気に入らない動画はいじめだと削除させている。けど彼女がアニメにリアクションしている動画は著作権侵害には当たらないのか? YouTubeの社員は、スージーのファンなのか、スージーに都合良く利用されているだけなのか分からない。コメンタリーYouTuberたちは批判しているよ。調べてみてくれ。

スージーの動画を見るチャンネル

スージーの横暴に怒ったコメンタリーYouTuberたちは、「スージーがリアクションしている動画にリアクションするチャンネル」を立ち上げます。

(2020年6月6日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

話題のチャンネルはこちらです!

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

ピューディパイが先日公開したアニメにリアクションする動画と、スージーの動画を比較しています。ピューディパイの方が多く話をしています。

(2020年8月2日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

こちらがピューディパイがアニメ『遊戯王』にリアクションしている動画です。

YuGiOh is THE GREATEST Anime of All Time.

YouTubeの回答は?

YouTubeはジョンの動画はハラスメントであり、動画の削除は妥当だと回答しています。

(2020年8月2日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

YouTuberのAugieRFCの意見です。

YouTuberジョン・スワンの投稿です。

(2020年8月2日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

ハラスメントの範囲がはっきりしないので、スージーのように「コネのある」YouTuberは有利になり、コネがないYouTuberは不当に扱われてしまっています。これまでも、登録者数の多いYouTuberが優遇されていることが指摘されてきました。今後、不公正は解消されるのでしょうか。

  1. 筆者は、コメンタリーYouTuberたちに批判されるようになって初めて、スージーの存在を知った。なぜほとんどの人が知らない彼女を抜擢したのか、YouTubeの謎である。
  2. フェアユースとはアメリカ合衆国の著作権法の規定で、公正な利用であれば著作権の侵害にあたらないとするもの。
  3. 際どい冗談が含まれる動画が収益不可になるので特定の単語が使用できなくなるなど。
タイトルとURLをコピーしました