インドからPewDiePieを熱烈に応援する人々!T-seriesは人気無い⁈

おもしろネタ

もしかしたら、永遠に決着しないかもしれないピューディパイ対T-series1のYouTube登録者数争い。以下の記事で、登録者数に変化があるたび報じてきました。(まだまだ続くと思われます。)

今回はT-seriesの本国インドでピューディパイのファンにインタビューしている動画を紹介します。チャンネルはAsian Bossです。インタビューが行われたのは、T-seriesの登録者数が上回っている時期でした。

India's "9-Year-Old Army" Reacts To T-Series Surpassing PewDiePie | ASIAN BOSS

以下はこちらの動画の内容に則しています。

いつからピューディパイのファン?

1人目:2014年からだよ。
2人目:Brofistの黄金期からだよ。(2011年からピューディパイはファンのことをbrosと呼んでいた。動画の最後にBrofist<拳>をカメラに近づけて終わることからBrofist時代と呼ばれる。Brofistを頻繁にしていたのは2011年から2016年頃。)

BROFISTING STRANGERS ON THE STREET – (Fridays With PewDiePie – Part 26)

3人目:初期の、登録者数の少ないころからだよ。
4人目:2014年から見てるけど、登録はしてなかった。したのは2016年かな。
5人目:ピューディパイの登録者数が3200万人の頃だよ。ピューディパイがいろんな動画をいじってるのが面白いんだ!

ピューディパイの魅力は?

1人目:ピューディパイのいじり動画が好き。あと、ゲーム動画。面白いよ!
2人目:自分に正直なコンテンツを作るところ。登録者におもねったりしないとこ。
3人目:気分が落ち込んで辛い時期でも、ピューディパイの動画見たら笑えるから。
4人目:2016年ころから、際どい動画を作るようになった(その結果、批判を浴びたり、炎上したけど)。それ以前はディズニーとか企業の圧力があって家族向けのコンテンツを強制されてるようだったから、そこから脱却した頃から好きになったよ。

In my defense..

T-seriesの登録者数が上回ってしまったけど、どう思う?

1人目:悲しいよ。T-seriesには勝ってほしくなかった。ピューディパイはYouTubeの王様だよ。
2人目:がっかりした。けど、これは短期的でまたすぐピューディパイが上回るよ。(執筆時、実際にそうなりました。)
3人目:ホーリー祭2の期間中、インドの音楽がたくさん街で流れるから、その期間に上回るだろうって予測してたよ。

ピューディパイとT-series両方応援しないの?

1人目:大きい会社だからT-seriesは嫌いだよ。ピューディパイは1人で頑張ってる。
2人目:T-seriesが配信する音楽はほとんどクソだから。しかも、T-seriesで働いてる人たちは賞賛されずに、会社の重役ばかり讃えられるのはおかしいよ。
3人目:そもそもT-seriesは会社で、ピューディパイは1人のクリエイターでしょ。比較するのは変。T-seriesは広告まみれの動画を投稿してる。
4人目:T-seriesが登録者数争いを国家の問題のように扱ったのが気に食わないよ。

インドのためにT-seriesに登録しようと呼びかけ

T-seriesの重役バスハン・クマールはインドの尊厳のため、T-seriesに登録しましょうと呼びかけました。この手法に違和感を感じたという意見が多くありました。

☝︎こちらがその呼びかけです。
1人目:愛国心を刺激して、登録させようなんて卑怯だって思うよ。T-seriesが国の代表みたいな態度は止めてくれって思う。
2人目:ピューディパイがスウェーデン出身だから「スウェーデンの人!登録してよ!」っていうようなものだよ。どこの国の人であっても、動画の内容が好きだからチャンネル登録する、それだけ。
3人目:YouTube登録者数争いは愛国心やナショナリズムの問題ではない。表現の自由と個人の問題だよ。憎しみを助長するのは止めようよ。

インド(ムンバイ)の人は登録者数争いをどう思ってる?

Asian Bossの過去の動画『インド(ムンバイ)の人は登録者数争いをどう思ってる?(動画リンク)』に登場した青いシャツを着た男の子の話題になっています。

What do Indians think of Tseries vs Pewdiepie?

☝︎こちらは『インド(ムンバイ)の人は登録者数争いをどう思ってる?』動画を見ているピューディパイの動画です。(T-seriesを悪く言う人が出るたびに、嬉しそうにしています。)

青いシャツを着た男の子は「ミームのためにピューディパイに登録してるよ。最も登録者の多いYouTuberはピューディパイ。T-seriesの登録者が増えたのは、YouTubeのアルゴリズムのせい。YouTubeは企業寄りになって、質より量(視聴時間)を重視するようになったから。」と話しています。なんとも利発な子です。

これを踏まえて、今回の動画では現在のYouTubeのアルゴリズムの問題について質問しています。

YouTubeのアルゴリズムの問題点

1人目:YouTubeは巨大な企業で株主の不利になるようなことはできないだろうけど、思い切った対策をしないといけないと思うよ。いつか、全てのクリエイターが尊重されるような仕組みに変われば良いと思う。クリエイター抜きでYouTubeは成立しないから。
2人目:家族向けの動画をみんなが投稿するわけじゃない。家族向けコンテンツを強制すると、没個性化してしまう。

ピューディパイへメッセージ

1人目:登録者数はなんであれ、ピューディパイが最も優れたクリエイターであるのは変わらないよ。
2人目:僕にとってはいつまでもNo.1のクリエイターだよ!
3人目:ピューディパイは気付いてないかもしれないけど、インドにはたくさんのファンがいる。潜在的にピューディパイファンになる人も大勢いるはずだから、登録者数1億人を最初に突破するのはピューディパイだと思うよ。
4人目:ミーム動画、ゲーム動画、ピューディパイは良いコンテンツを作ってるよ!T-seriesなんて予告編と音楽だけでしょ。ピューディパイに登録しよう!
5人目:初期の頃からファンで、一緒に成長してきました。ピューディパイに触発されて、映像制作の道に進みました。Brofist!
6人目:ピューディパイ大好きです!応援してるよ。Brofist!(指にはTgay3と書かれています。)

登録者数争いをしているT-seriesの本拠地インドで行われた、熱烈なピューディパイファンへのインタビューでした。この登録者数争いは、会社対個人クリエイターの戦いでもあり、昔から応援してきた存在(ピューディパイ)だから負けてほしくない気持ちもあるのでしょうね。これからもYouTubeは生身の人間(個人)のまっとうなコンテンツが提供される場であり続けてほしいと思います。

  1. T-seriesはインドの音楽・映画配信会社。
  2. ホーリー祭(Holi)とは、インドやネパールのヒンドゥー教の春祭り。春の訪れを祝い、誰彼無く色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりして祝う。 (Wikipediaより)
  3. ピューディパイのファンがT-seriesを茶化してTgayと呼び始めた。
タイトルとURLをコピーしました