ピューディパイは白人至上主義⁈アカウント停止しようと署名活動が始まる

YouTuberニュース

ピューディパイは白人至上主義者だと主張する人物が、ピューディパイのアカウント停止を求めて署名活動をしています。発起人はMaria Ruiz (マリア・ルイズ)さんです。

彼女はこう主張しています。

クライストチャーチ、ニュージーランドで発生したモスクを狙った銃乱射事件を受け、私たちは白人至上主義のコンテンツをYouTubeから排除する活動を始めました。ピューディパイは白人至上主義のコンテンツを提供している最大のチャンネルです。ピューディパイは幾度も白人至上主義者やナチズムに傾倒したコンテンツを投稿しています。

懸念すべきは彼のチャンネルは人格形成期の子供を対象にしていることです。ニュージーランドの銃乱射犯はピューディパイの名前を口にし、チャンネル登録するように呼びかけまでしていました。

さらにマリアさんはピューディパイがいかにYouTubeにふさわしくないか理由を箇条書きにしています。

ピューディパイは過去に

  • Nワード1を2回、2本の動画で発言している。さらに雇った人にNワードを言わせた。
  • ヒトラーが演説をしている動画や反ユダヤ主義的アニメを動画に挿入し、広めた。
  • Fiverr2で雇ったインド人男性に「ユダヤ人に死を」と書かれたポスターを持たせた。
  • 著名なアフリカ系アメリカ人(ニール・デグラス・タイソン氏、バラク・オバマ氏)の名前を間違って表記したものを動画で使用した。
  • 動画内でナチの敬礼をした。
  • イエス・キリストの格好をした男性が「ヒトラーは絶対に悪いことしてない」と書かれたポスターを持っている動画を作った。
  • 強制性交等罪の冗談を言った。

こちらが署名を受け付けているchange.orgのページです。執筆時点で71,000人以上が署名しています。コメントするためには署名をしなければいけないので、書き込みをしたいピューディパイのファンは仕方なく署名しているようです。(矛盾)

ピューディパイのファンは反撃に出ています。マリア・ルイズをインターネットから排除しよう(リンク)!と「正直な9歳3」という人物が署名活動を始めました。

70 Thousand People Sign Petition To Ban PewDiePie From YouTube

動画ニュースにもなっています。

マリアさんの「人種差別や不適切な表現を一掃しよう」とする動機は素晴らしいものだと思います。が、個人的にピューディパイは人種差別的だとは思いません。ピューディパイの動画を見た経験はあまりなく、大手メディアの報道を鵜呑みにしているだけでは?と思ってしまいます。(報道されている記事です。‘An attack by the media’: Pewdiepie apologizes for Nazi jokes but says the press is out to get him)たしかに、本物の人種差別的動画もYouTubeに存在していますが、ピューディパイを攻撃するのは見当違いだと思います。

2019年4月7日追記:ピューディパイ本人が今回の署名活動について動画を投稿しました。

BAN PEWDIEPIE! 📰 PEW NEWS📰

マリア・ルイズさんの主張はでっち上げか6年ほど前に起こったことで、間違いだらけと話しています。

ピューディパイが批判される理由はこちらで記事にしています。

YouTuberが謝罪・釈明に追い込まれる四大原因とは? 実例つきで解説
完璧な人間はいません。YouTuberも(普通の人以上に?)間違いをします。今回は発言や行動に問題があり、批判を浴びたり、スポンサーが付かなくなる体験をしたYouTuberを紹介します。なかには実刑を受け服役をする人も。 ジェームズ・チャ...

参考:Over 50,000 sign petition to remove PewDiePie, “White Supremacist content” from YouTube

  1. Nワードはアフリカ系を指す差別用語の一つ。
  2. Fiverrはユーザーが$5でさまざまな仕事を受注するオンラインサービス。
  3. ピューディパイのファンは9 year old armyと呼ばれています。
タイトルとURLをコピーしました