YouTuberのアシスタント業務が過酷?あなたは応募しますか?24時間勤務の違法労働

YouTuberニュース

とあるインフルエンサーがアシスタントを募集しています。職務内容が独特だったので話題になっていました。

きっかけは記者のテイラー・ロレンズ氏のツイートです。内容は『インフルエンサーのパーソナルアシスタント』と銘打たれています。

アシスタントを募集しているインフルエンサーは女性で、1000万人ほどのフォロワーがいるそうです。インフルエンサーはYouTuberであるとも明記されています。

  • 週7日24時間いつでも電話やテキストで対応可能
  • 何かあったら尻拭いをすること
  • ソーシャルメディアのデータを分析して報告すること
  • 掃除、食事作りを行うこと
  • カメラマンやプロデューサー、編集者などと打ち合わせすること
  • 車でいつでもどこでもインフルエンサーを送迎すること
  • 落ち着きがあり理性的で勤勉であること
  • インフルエンサーのスケジュール管理はもちろんのこと朝起こすこと、コーヒーは必須
  • セレブに会ってもカメラ撮影禁止
  • 時給は$25から$30

などなどが記載されています。

この「アシスタント業務」が過酷なのでYouTuberたちが話題にしていました。意見を紹介します。

YouTuberの意見

大御所美容YouTuberのマリナ・ステルです。

YouTuberのTeaSpillです。

人々はインフルエンサーは誰だろう?と勘ぐります。

YouTuberのダニエル・プレダ(Daniel Preda)です。

インフルエンサー本人が名乗り出ました! YouTuberのメーガン(Meghan Rienks)です。

…メーガンのすべてのプラットフォーム累計でもフォロワー数1000万人はありません。メーガンではなさそうです。

YouTuberのティファニー(Tiffany Ferguson)です。

本当にタナ・モジョでしょうか? あのファンとの交流会を企画するも計画がずさんで大炎上し、MTVのリアリティ番組で嫌われ者YouTuberジェイク・ポールの彼女を演じるも結局捨てられた大常識人タナ・モジョがこんな非常識な募集をするとは信じられません。

タナのYouTube登録者数は546万人、Instagramのフォロワー数は540万人、Twitterのフォロワー数は240万人なので累計1000万人以上になります。「インフルエンサー」の条件を満たしています。

業務内容に「24時間いつでも送迎しろ」と書いてあるので、インフルエンサーは運転ができないようです。

タナは運転できません。

人気YouTuberに運転を教えてもらったタナ・モジョ
運転免許を持っている方、免許を取るのは大変でしたか?運転に慣れないうちは緊張の連続ですよね。 今回紹介するタナ・モジョ(Tana Mongeau)は免許を持っていませんが、カリフォルニアの公道を運転しています。どうもこれはOKのようで...

タナは2017年に元アシスタントに過酷な扱いをしていたと告発されています。

TANA MONGEAU LIED ABOUT HER ASSISTANT ( PROOF )

告発内容が、業務内容と似ているかも…。またアシスタントに逃げられたのでしょうか。

時給は1万円以上に設定したら、応募が増えそうです。しかし給料を払えばアシスタントが何でもすると思うのは非常識ですね。悪夢のような雇用主です。

タナが師匠だと仰いでいたパリス・ヒルトンは、タナの名字の発音を間違っています。タナ・モンゴー

タイトルとURLをコピーしました