今年の最多検索ワードは?①ミュージシャンと俳優編(Google)2018

おもしろネタ

2018年Google検索ワード上位ランキングが発表されました。YouTubeの動画と一緒に抜粋して紹介します。

グーグル検索

世界中で最も検索されたミュージシャンは

  1. デミ・ロヴァート
  2. カーディ・B
  3. ダニエル・キューブルベック(ドイツ)
  4. トラビス・スコット
  5. リック・ロス
  6. テカシ69
  7. 山口 達也
  8. チャイルディッシュガンビーノ
  9. 吉澤 ひとみ
  10. ニック・ジョナス

1位のデミ・ロヴァートは緊急搬送され話題になりました。オピオイド系鎮痛剤の過剰摂取が原因と言われています。

How Narcan Helped Save Demi Lovato’s Life After Overdose

応急処置でナルカン(ナロキソン、オピオイドの拮抗薬)の使用方法を紹介しています。アメリカにはびこる処方薬の依存症の深刻さを痛感する報道です。

3位のダニエル・キューブルベックは2002年ごろオーディション番組『アイドル』ドイツ版に出演し名声を得ます。今年の9月に客船から失踪した(恐らく自殺)と報道されました。遺体は未だに見つかっていません。

6位のラッパー69は現在拘留されています。

The Reason Why 6IX9INE Will Serve LIFE IN PRISON

動画ではマネージャーの裏切り、ギャングとの繋がり、未成年に対する犯罪など69が過去に関わった問題を列挙しています。FBIに目を付けられていたとは‥。

俳優部門

  1. シルヴェスター・スタローン
  2. ローガン・ポール
  3. ピート・デヴィッドソン
  4. ビル・コズビー
  5. ノア・センティネオ
  6. ドナルド・グローヴァー
  7. アリソン・マック
  8. ゲイリー・オールドマン
  9. サプナ・チョーダリー(インドの女優)
  10. ロザンヌ・バー

2位にYouTuberローガン俳優としてランク入りしています。2018年第1週の騒動とボクシングマッチで検索されたと思われます。全世界で2位は快挙です。(不名誉な理由だと思いますが。)

10位の女優兼コメディアンのロザンヌ・バーはツイートで人種差別発言の騒動がありました。人気番組『ロザンヌ』を放送するABCは騒動が起こると即ロザンヌを解雇しました。

Joe Rogan Experience #1184 – Roseanne Barr

騒動の半年後コメディアンのジョー・ローガンのPodcastに出演しています。コメディアンなので際どい冗談を言うのが好きなこと、精神疾患があること、人種差別主義者ではないこと、16歳のとき交通事故に遭い外傷性脳損傷で人格が変わりユタ州立病院に9ヶ月入院していたこと、娘たちはリベラルに育ったこと、40歳の息子のデート相手に必ず口出しして自分が気に入らないと別れさせること(!)などを話しています。

こうして振り返るとさまざまな出来事を思い出します。検索上位に入っている俳優やミュージシャンはよい作品を作ったというより、事件を起こして話題になった人たちが多いようです。

次回は最も検索されたファッションブランド、Porn☆ubが発表した2018年版サイト内人気検索ワードなどを紹介します。

タイトルとURLをコピーしました