ミレニアル世代は体の相性より政治信条を重視!出会い系サイトの統計

社会・政治

ミレニアル世代1は満ち足りたセックスをできる相手よりも、政治に対する考え方が一致する相手を好むそうです。出会い系サイトの『OkCupid:オーケーキューピッド』の発表した統計で明らかになりました。

TYTのアナ・カスペリアンの動画紹介です。

SURVEY: Millennials Put Politics Over Sex

分裂し分断された社会で

ドナルド・トランプ大統領の顧問を務めるケリーアン・コンウェイ。

ケリーアン

ケリーアン

ケリーアンの夫ジョージ・コンウェイはトランプ大統領を容赦なく批判しています(トランプがケリーアンの上司であるにも関わらず)。

☟こんなツイートの応酬もありました。

ジョージ・コンウェイはトランプ大統領を自己愛性パーソナリティ障害だと批判しています。しかし、ケリーアンのような夫婦は近年は減少傾向にあるようです。2

『オーケーキューピッド』800万人のユーザーを対象にした統計によると、同じ政党を支持する人をパートナーに希望する人は2004年から165%も上昇しました。

特に2016年から2018年の間、ミレニアル世代の女性が良いセックスよりも、同じ政党を支持するパートナーが欲しいと回答した割合は27%から42%まで上昇し、同様にミレニアル世代の男性も良いセックスより同じ政党を支持するパートナーが欲しいと回答した割合は23%から30%に上昇しました。

一方、パートナーと満ち足りた性生活を優先する人は30%減少しました。

アナ・カスペリアンは動画で、こう話しています。

アナ・カスペリアン

アナ・カスペリアン

「80年代や90年代はまだ共和党と民主党には少し共通点がありました。でも、今では様変わりしてしまいました。そのせいで、政治について少し話しただけで人となりがわかってしまいます。たとえば、何が大事だと思うか、他の人に思いやりがあるか、物事を批判的に考えているか、そういう人間性がわかってしまうようになったのです。
もし、魅力的な男性と出会ったとしても3、彼がトランプが押し進める強硬な移民への不寛容政策4を支持していると知ったら、興味を失くすでしょう。」

性と政治信条という究極の選択でした。どちらも長期的にパートナーと安定した関係を築く上で欠かせない要素ですね。何を優先するかは結局、個人の自由ですが世代で傾向が変化しているのは興味深いです。

参考:Millennials care more about date’s politics than good sex: survey
Image: Girish Shakya

  1. ミレニアル世代は1981年から1996年の間に生まれた世代を指す。
  2. とはいっても、ジョージ・コンウェイはリベラルではありません。歴とした保守派です。
  3. アナ・カスペリアンは既婚者ですが、仮定の話をしています。
  4. ゼロトレランス、不寛容政策とはアメリカに不法入国した移民を即、訴追する政策。訴追されると、不法移民の親子はそれぞれ違う施設に送られる。この政策の結果、数千人の親子が強制的に別離状態になっている。非人道的な政策だと国内外から批判の声が多く上がっている。
タイトルとURLをコピーしました