イタリアの美声に喜ぶケイティ・ペリーやショーン・メンデス しかしミームだった

おもしろネタ

COVID-19がパンデミックになっています。劇場や飲食店は閉店し、人々は自宅隔離を強いられています。そのような緊迫した状況下、面白い勘違いをしてしまったセレブの話を紹介します。

Katy Perry Shawn Mendes

ケイティ・ペリーとショーン・メンデス

イタリアの歌声

イタリアでは国全体で移動が制限され、人々は自宅隔離を強いられています。気がふさぎがちななか各地で人々が歌を歌い、励まし合う様子が報道されています。イギリスの新聞The Guardianの動画です。

Coronavirus: quarantined Italians sing from balconies to lift spirits

Andrea Sanninoの“Abbracciame”やイタリア国歌を歌っています。最後は中国からの励ましの声です。

Heartwarming Moments Quarantined Italians Sing Together from Balconies

こちらの動画でもイタリア国歌を合唱する様子や、『トゥーランドット』の“Nessun Dorma”(「誰も寝てはならぬ」)を歌う様子が紹介されています。“Nessun Dorma”を歌っているのはMaurizio Marchiniさんです。

歌手のケイティ・ペリーが映像をツイートします。イタリアの人々がケイティの曲“Roar”を大合唱しています。

※ケイティの元ツイートは削除されました。

感動的なツイートですが、ネットカルチャーを専門に記事を書いているテイラー・ロレンズ氏が事実を指摘しています。

ロレンズ氏は冷ややかに指摘しています。確かにこれはThe Guardianの動画と同じ映像です。しかし生けるレジェンド・マドンナもミームだと気付かずにツイートしています。

こちらのInstagramアカウントでは他にも勘違いしてしまった歌手のショーン・メンデス、歌手のシェリル・コールの投稿を紹介しています。

Pop Craveもセレブの勘違いをまとめて紹介しています。

ネタだとわかりにくいのかもしれません。ファンたちは「これはネタだよ!」と指摘しています。

自分の歌で人々が連帯するという都合のいい夢を見てしまったセレブたちのニュースでした。そんなに都合のいい夢はそうそうあるものではありませんが、困難な状況でも音楽を楽しむ人々には勇気づけられます。

イタリアの人々ではなく、セレブが『イマジン』を歌うとひんしゅくを買ってしまいました。

ガル・ガドットやナタリー・ポートマンなどセレブが『イマジン』を熱唱する動画を公開するも冷ややかな反応
COVID19の感染拡大を防ぐため、人々は自宅隔離の日々を過ごしています。YouTuberも外出の頻度が下がり、話題になる動画はトリシャ・ペイタスが自分は解離性同一性障害だと主張したり、 YouTubeのドラマを扱うチャンネルの司...

Image: AddictedToPrismatic, Cosmopolitan UK

タイトルとURLをコピーしました