不謹慎系YouTuber LeafyIsHereが消される ネットいじめ撲滅か言論の封殺か?

YouTuberニュース

人の外見を笑い、性癖をバカにして、他のYouTuberのコンテンツをゴミだと笑う……こんな動画を作ったら、今のYouTubeでは受け入れられません。しかし数年前のYouTubeは違いました。自分の部屋で、自分の思ったことをそのまま動画にして投稿していた人が人気だったのです。

アイダブズ(Idubbbz)、フィルシー・フランク(Filthy Frank)、maxmoefoeがコラボした毛ーキ動画は2020年8月に削除されました1

2014年頃は際どい動画が一部の人に大人気だったようです。なかでも急速に登録者数を伸ばしていたのはリーフィー(LeafyIsHere)でした。

LeafyIsHere

リーフィー

そのリーフィーのチャンネルがYouTubeから消えたと騒ぎになっています。リーフィーは2017年末から投稿を休止していましたが、2020年4月からYouTubeに復活していました2

LeafyIsHere – The last true YouTuber…

リーフィーはYouTubeの嫌がらせやネットいじめに関する利用規約に違反したと発表されています3

YouTuberの反応

Drama Alertの司会者キームスターです。

 

YouTuberのj aubreyです。

 

YouTuberのScarceです。

 

コメディーYouTuberのリッキー(Ricky Berwick)は、リーフィーの変顔を前に追悼の意を表しています。

 
すでにYouTube側の動きがあったと指摘しているBigMoneyOnisionの投稿です。

 
YouTuberのエドウィン(Edwin)です。

H3H3のイーサンはYouTubeのCEOスーザンとの写真を投稿していました。

 
YouTuberのKavosです。

 
YouTuberのOptimusです。

 
YouTuberのポキメインです。彼女はリーフィーから批判されていました。

 

ストリーマーのShannonは辛辣です。最近YouTuberとストリーマーの間で対立が生じており、リーフィーの動画が発端でした。

 

YouTuberのBrittany Ventiです。

 

2019年に不倫騒動や未成年に不適切写真を送った疑惑があり大炎上したプロジャレッド(ProJared)の投稿です。

YouTubeの利用規約が変更され、際どい批判動画や際どいコメディー動画は排除されています。リーフィーのチャンネルは今のYouTubeでは受け入れられないようです。

しかしプラットフォーマーの責任とするといじめは看過できませんが、それならばほかのいじめも全部つぶすべきで、不徹底なのは不公正です。キームスターを攻撃したイーサンの動画は問題ないようです。

Nuclear Winter – Keemstar

もはやYouTubeはほとんど公共性を帯びているので、排除は慎重さが求められます。

Image: Senpaishome

  1. 一時代が終わった。

  2. リーフィーは動画のリサーチを自分でしない、人を利用する、利用してもクレジットなし、など怠惰であったことも批判されていた。動画の内容だけではなく、他のYouTuberからも嫌われてYouTubeから追い出されたようなクリエイターだった。
    エルヴィスの動画でリーフィーと交流した際の経験も話している。

    I Do Not Like LeafyIsHere

  3. 嫌がらせやネットいじめに関するポリシーには「本来備わっている属性に基づいて長期に及ぶ中傷や悪意のある侮辱(人種差別的表現など)を行うコンテンツ。こうした属性には、保護対象グループへの所属、身体的特徴、または性的暴力、家庭内暴力、児童虐待の被害者としての状態が含まれます。」とある。
  4. リーフィーは2017年末から休止していたが、2020年3月頃DramaAlertの司会者キームスターは「リーフィーにYouTubeに戻ってこいって話しているんだ。」と動画内で告知していた。
  5. リーフィーが消えた理由は、イーサンを批判する動画を投稿していたからではないかと指摘されている。

タイトルとURLをコピーしました