自宅待機中にペットを飼い始めたYouTuberたち ポメラニアン、チャウチャウ、ヨウム

YouTuberニュース

COVID-19の感染拡大を抑えるために、自宅待機の日々が続いています。YouTuberも同じように自宅で過ごしていますが、人気YouTuberたちは新たな家族を迎え入れています。

今回は人気YouTuberが飼い始めたペットを紹介します。

ジェフリー・スターのポメラニアン

2020年4月12日に公開された人気美容YouTuberジェフリーの動画です。

Meet My 2 NEW Pomeranian Puppies! 🐶

住んでいる豪邸を「ポメラニアン宮殿」と呼ぶほど、ポメラニアンが大好きなジェフリー。すでにポメラニアンのディーヴァ、デリシャス、ドラマ、ダヴィンチを飼っていますが、子犬のメスとオスを新たに迎えています。

メスの名前は「ドミネイトリックス」、オスの名前は「デザート」と名付けられました。ドミネイトリックスの父親はダディーの兄弟だそうです。

こちらは亡くなったダディーです。ピンクではなく、茶色の方がダディーです。

(2020年9月6日:削除されたInstagram投稿をキャプチャ画像で置き換えました。)

「ポメラニアン宮殿」には子犬専用のエリアが設けられ準備は万端です。ポメラニアン宮殿が賑やかになりました。

デイヴィッド・ドブリック

デイヴィッド・ドブリックも犬を飼い始めました。正確にはデイヴィッドのマネージャー、ナタリーが飼っていました1


犬の名前はメスですが「アイアンマン」です。小さい方が犬です。デイヴィッドが名付け親です。


アイアンマンはアメリカンスタッフォードシャー・テリア、チャウチャウ、シャー・ペイなどのミックスのようです。

ローガン・ポールのヨウム

ローガン・ポールは大型インコのヨウム(アフリカングレイパロット)を飼い始めました。ヨウムの名前は「サー」です。

2020年4月13日に公開された動画です。

My New Bird!

アフリカングレイパロットは5歳児並の知能があるとされ、1000単語ほど話せるようになるそうです。寿命はなんと40年から60年と長生きするので、人生の友ですね。

落ち着きがありそうな方がサーです。ローガンは鳥好きで初代のインコ、マーブリックは飼い犬のチベタンマスティフにかみ殺されてしまいました。サーは単語を覚えるので「サーが最初に話す単語は『マザーファッカー』にしたい」とローガンは意気込んでいます。サーは寝るとき、片足立ちになり頭をくるりと体に巻いています。

View this post on Instagram

wait till i spread my wings 🐦

A post shared by Sir, the African Grey (@sirthegrey) on

自宅待機中に新たなペットを飼い始めた人気YouTuberたちの紹介でした。自宅待機でストレスを抱えている人が多いと報道されています。ペットはストレスの緩和に最適ですね。

Diva, Delicious, Drama and Da Vinci

  1. アイアンマンは一時的に預かっていただけで、2020年4月17日に本当の飼い主の元へ戻ってしまいました。

    View this post on Instagram

    Missing my nap buddy 🥺

    A post shared by DAVID DOBRIK (@daviddobrik) on Apr 16, 2020 at 3:30pm PDT

    デイヴィッドは犬アレルギーですが、アイアンマンにはアレルギー症状が出なかったようです。

タイトルとURLをコピーしました