過激な加工写真を掲載したPinkNewsに怒ったジェームズ・チャールズ

炎上

人気美容YouTuberのジェームズ・チャールズが大手LGBT+ニュースサイトPinkNewsに苦言を呈しています。批判を浴びたPinkNewsは問題の記事を削除し、声明を出しています。

ジェームズ・チャールズのYouTube登録者数は1660万人、Instagramのフォロワー数は1600万人です。

Beauty YouTuber James Charles

ジェームズ・チャールズ(20)

2016年からYouTubeへ動画を公開し、急激に登録者数を伸ばしてきました。17歳で男性として初めて“CoverGirl”のスポークスモデルに起用されて以来、多くのセレブとコラボをしています。

View this post on Instagram

just a quick saturday glam ❤️ @ddlovato

A post shared by James Charles (@jamescharles) on

キャリアの開始当初から、ジェームズは問題発言が多くバッシングされながら有名になりました。2019年には先輩YouTuberのタティに私生活の素行の悪さを告発され、一時的に300万人の登録者を失いました。

2020年の春には自身がプロデュースしたインフルエンサーを発掘するリアリティ番組がYouTubeで配信される予定です。タティとの炎上騒動後は落ち着き、名誉も回復しつつあるジェームズ・チャールズです。

加工写真

2020年1月15日、スナップチャットでニュースを見ていたファンがジェームズに問題の写真を見せています。

加工されたジェームズの額は大幅に後退し、顔のパーツやお化粧が不自然にゆがんでいます。ジェームズは「ヘアラインはコンプレックスだ」と話していました。なのでジェームズがフォトショップする際は、ヘアラインを少し前にもっていく加工を好んでいます。こちらの動画13分52秒から。

SHANE DAWSON AND RYLAND DO MY MAKEUP

このファンのツイートを見たジェームズは苦言を呈しています。

PinkNewsはイギリスに本社があるレズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー(LGBT)のコミュニティのためのニュースサイトだと宣伝しています。2005年にジャーナリストのベンジャミン・コーエン(Benjamin Cohen)が設立しました。PinkNewsは公式YouTubeチャンネルもあります。

LGBT TV shows on Netflix, NowTV and The CW Network in 2020

ジェームズのツイートを見てファンはPinkNewsへの批判を始めます。ジェームズの定番ネタ「訴えるよ」も登場します。

その後、批判を浴びたPinkNewsは声明を発表しました。PinkNewsの声明はジェームズへの謝罪というより、「時事ニュースを扱っている」と宣伝する機会とみているような文面です。

An open letter to YouTuber James Charles
Dear James, We made an oversight on a recent Snapchat story about you. The story did not align with our core values and has been removed. PinkNews stands for th...

YouTuberのセバスチャン・ウィリアムズのツイートです。

美容YouTuberのマニー・グティエレス(Manny MUA)です。

コメンタリーYouTuberのブレア・ホワイト(Blaire White)です。

今回の騒動はこちらの動画で紹介しています。チャンネルはハリウッド・ライフ(HollywoodLife)です。ジェームズの話題は動画2分44秒からです。

James Charles Reacts To Balding Photo Going Viral

タティとの炎上後、ジェームズはますます「どれだけ批判してもいい人」として扱われています。そろそろ落ち着いて良い頃だと思いますが、一度付いてしまった悪い印象を塗り替えるのは難しいようです。

Image: ANIKA LECLERE

タイトルとURLをコピーしました