ジェームズ・チャールズのルイ・ヴィトンメイクにフォトショ疑惑 しかし本物も披露!

コスメ

新鋭の美容YouTuberジェームズ・チャールズのメイク写真がまた加工されていると批判され炎上していました。ジェームズはPhotoshopやフェイスチューンを顔の造形を理想に近づけるため、肌荒れを隠すために使用しているのは認めていますが、「メイクは加工しない主義」だと話していました。しかし、嘘が暴かれています。

ジェームズ・チャールズ(James Charles)のYouTube登録者数は1630万人、Instagramのフォロワーは1590万人です。

James Charles

ジェームズ・チャールズ

以下はおおむねこちらの動画の内容に即しています。

James Charles Photo Has Fans Calling Him a Fraud, Claps Back with 1 Tweet

ことの発端

2019年11月24日、ジェームズはInstagramにこのような投稿をしました。


人気のInstagramフィルターから発想を得て、まぶたにルイ・ヴィトンのロゴを描いたようです。美容インフルエンサーたちは、この投稿に好意的なコメントをしていました。

しかし、このようなコメントもありました。

これは化粧ではないよ。サイトからロゴをコピペして、まぶたに重ねただけでしょ。

すぐにでもメイク方法を解説してほしいな!

このコメントには皮肉が返されています。

その1:ルイ・ヴィトンのロゴをコピーして、まぶたに写すだけ、パパッと完成。

その2:コメントや返事を見てるけど、どんどん消されていく。(泣き笑いの絵文字)


ジェームズはこの姿を化粧だけで完成させたように装っていましたが、多くの人に加工を指摘されていました。

ジェームズのファンは「ジェームズはInstagramストーリーとスナップチャットで加工していると事前に話していた」と擁護していました。しかし、それらの投稿は24時間で消えてしまいます。すべての人がジェームズのSNS投稿をすぐに確認しているわけではありません。

写真加工

こちらのツイートでジェームズの不誠実さを批判しています1

(2020年7月25日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

こちらが、ジェームズが「化粧は加工しない」と発言している動画です。

(2020年3月9日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

実際に時間をかけてルイ・ヴィトンのメイクを完成させた人のツイートです。

その後ジェームズの投稿

ルイ・ヴィトンのロゴの化粧を批判されたおよそ一か月後、ジェームズはこのような投稿をしました。右下にはこのように書き込まれています。

教訓を生かします。才能があって化粧を完成できるなら、怠けてフォトショップに頼ることはしません。


ジェームズの投稿には、好意的なコメントがされています。

おまけ

モーフィーの広告も、ジェームズの同じ顔を別の衣装にはめているだけではないか?と指摘されていました。

ジェームズは人気者で時間がないので、フォトショップで時短をしているようです。SNSで見る顔とYouTubeで見るジェームズの顔が違うので、毎回戸惑います。写真加工は誰しもしていることなので、しないと損な気がするのでしょうか。写真加工に頼りすぎて、技術が鈍らないと良いのですが。

【2020年1月23日】削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。
Image: Tea Spill, Famous Entertainment

  1. 投稿者のメイクアップ・アーティストはこのツイートのせいで、ジェームズにブロックされた。
タイトルとURLをコピーしました