ジェームズ・チャールズが美容リアリティ番組をプロデュース

コスメ

美容YouTuberのジェームズ・チャールズ(20)が、新リアリティ番組“James Charles Instant Influencer”を発表しました。リアリティ番組では時期美容YouTube界の新星の座をかけて、6名のインフルエンサーが競います。

2019年11月15日に公開されたジェームズの動画です。

I'm Filming My Own Reality Competition Show… & I Want YOU To Be In It!

6名のマイクロ・インフルエンサーたちはメイクの技術だけではなく、インフルエンサーに必要な能力1などを競い合います。優勝者には$50,000(約540万円)が授与されます。番組のエグゼクティブ・プロデューサーをジェームズが務めます。

ジェームズは今回のリアリティ番組の構想を3年前から抱いていたそうです。製作は“Brian Graden Media”が行います。“Brian Graden Media”はYouTuberのジョーイ・グラセファ(Joey Graceffa)の番組“Escape the Night”の製作もしています。

応募条件は、18歳以上であること・アメリカに合法的に居住していること・YouTubeチャンネルを開設し、過去3か月6本以上の動画を公開している2ことなどです。応募締め切りは太平洋標準時、2019年11月21日(木曜日)午後11時59分。

応募者の動画には“JAMES CHARLES CASTING CALL #jamescharlescasting”の題名が付いています。どのようなインフルエンサーたちが応募しているか、視聴者は動画を見て楽しむこともできます。選考には再生回数や高評価の数、シェア数も考慮されるそうです。

James Charles Casting Call

選考のあと、ファイナリストの6名がロサンゼルスでリアリティ番組を撮影します。シリーズの動画はすべてジェームズの公式YouTubeチャンネルから無料で公開されます。2020年春の公開予定です。

ジェームズは16歳から独学でメイクを習得してきました。CoverGirl初の男性スポークスモデルに起用され脚光を浴び、YouTubeで人気になりました。YouTubeチャンネルではカイリー・ジェンナーやイギー・アゼリアとコラボしています。その間、数々のスキャンダルや炎上も乗り越えてきました。美容業界での栄光も転落も経験したジェームズなので、面白いリアリティ番組を企画していそうです。ジェームズのYouTube登録者数は1640万人、チャンネル総再生回数は17億回です。

リアリティ番組の発表にYouTuberからは好意的な意見が多くみられました。

YouTuberのジョーイ・グラセファです。

YouTuberのTea Spillです。

YouTuberのHere For The Teaです。

リアリティ番組から、ジェームズの手によってどのようなクリエイターが誕生するのか、楽しみです。

  1. 目立つ個性・視聴者に情報を伝える能力
  2. You MUST be 18+, a legal resident of the US, and have an active YouTube channel (at least 6 videos in the last 3 months)
タイトルとURLをコピーしました