ミイラの声を3Dプリンターで再現したらミームに

おもしろネタ

3000年前に生きていた人はどのような声をしていたのでしょうか? 研究者たちがミイラの喉を3Dプリンターで復元して、声の再現を試みていました。

こちらの動画です。エジプトのミイラ「ネシアムン」(Nesyamun)の声を研究しています。ネシアムンはエジプトの神官で、紀元前1100年頃に亡くなったと考えられています。

Hear the 3D-printed voice of a real mummy

研究者たちはネシアムンを病院に持っていきCTスキャンを行います。ネシアムンの喉頭は非常にきれいな状態で保存されていたので、3Dプリンターでレプリカを作り、声を再現できました。動画1分27秒から音声です。機械的な合成音です。

こちらの2020年1月に出版された論文で報告されています。

Synthesis of a Vocal Sound from the 3,000 year old Mummy, Nesyamun ‘True of Voice’
The sound of a 3,000 year old mummified individual has been accurately reproduced as a vowel-like sound based on measurements of the precise dimensions of his e...

Twitterでニュース動画のミイラの声を入れ替えるネタが投稿されていたので紹介します。

ネタに

始まりはこちらの投稿です。

声が野太い叫び声に変わっています。執筆時、この動画は1000万回以上再生されています。

その後、次々とミイラの音声部分が入れ替わるネタが投稿されます。

 

シャウトしています。

こちらはブリトニー・スピアーズになりました。

こちらはブルーノ・マーズの曲の一部になりました。

こちらは高音の叫び声です。

(2020年9月19日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

こちらはカーディBの名言を言っています。

冒頭の動画では、ネシアムンの棺には、死後の世界でも声を上げられることを願う言葉が書き込まれていたと紹介されています。ネシアムンは神官なので、祈りの文句を唱えたかったはずですが、ミームになり、他人の台詞を言わされるはめになりました。

こちらは、頭蓋骨の形状からネアンデルタール人の声を推測し、大真面目に再現している動画です。「モンティ・パイソン」のコント動画みたいだとコメント欄に書かれています。

High-pitched voice theory – Neanderthal – BBC science
タイトルとURLをコピーしました