デマを拡散したYouTuberのBlaire Whiteが告発される トランスジェンダー差別をたきつけていた?

炎上

保守系コメンテーターのYouTuberブレア・ホワイト(Blaire White)がデマを含む動画を投稿してきたので批判されています。

ブレア・ホワイトのYouTube登録者数は99万人です。2015年からYouTubeに動画を投稿しています。ブレアはトランスジェンダーであると公言しています。

Blaire White

ブレア・ホワイト

告発者はハンター(Hunter Avallone)です。ブレアもハンターも保守系コメンテーターとして活躍してきました。「ブレアの動画にはウソやデマが多く、リサーチが毎回いいかげんだ。これ以上ウソをまき散らすのは止めてくれ。」とハンターは話しています。

Exposing Blaire White

以下の内容はこちらの動画を元にしています。

ウソつきブレア アスリートを批判

2020年9月27日、ブレアは『トランスのアスリート:私は女性部門で競うの、ほっといて!』と題した動画を投稿していました。

ジャネー・マリー・クロック(Janae Marie)さんはMTF1のアスリートです。

View this post on Instagram

Probably the most gender affirming step I've taken in my transition has been facial feminization surgery. It has done more than anything else to help me feel comfortable and "right" in my own skin. It has allowed me to be able to look in the mirror and finally see the person I've known myself to be my entire life. In today's YouTube video I share my entire experience with facial feminization surgery. I talk about the surgeons I chose, describe the procedures I had done (jaw, lips, nose, forehead etc.) the challenges I faced, what recovery was like, and how I feel about the results. Link is in my bio above or just go to YouTube and search "Janae Marie Kroc" 🙂 #facialfeminizationsurgery #gendertransition #transgender #nonbinary #genderfluid #gendernonconforming #transisbeautiful #girlslikeus

A post shared by Janae Marie (@janaemariekroc) on


ブレアは動画で「ジャネーさんの外見が独特だけど、うふふ、それはさておき。問題は、ジャネーさんがカミングアウトしたあとに女性部門で競技していること。生まれつきの骨格や筋肉量は男性のままで女性部門で競うのはズルい。」と紹介していました。

実際は、ジャネーさんは男性部門で競技を行ってきており、今後も男性部門で活動する意向だそうです。ジャネーさんはブレアの悪意があるデマのせいで批判のコメントを受け、Instagramで釈明投稿をしています。

View this post on Instagram

It has just come to my attention that YouTuber @msblairewhite posted a video about trans athletes today in which she decided to feature me. Unfortunately everything she said about me was incorrect and as a result I am receiving a lot of hate. I have been very clear about the fact that all of the records I have broken and all of the championships that I have won in powerlifting were prior to my transition when I was still competing in the men's division. I have also been very vocal about the fact that I have never competed as a woman and have no intention of doing so in the future. This is not representative of my beliefs on all trans athletes, only my personal choice for myself. So if you see comments or posts in other places, which I'm sure many of you will, you now know the truth and if you so feel inclined please feel free to correct whoever is posting misinformation. Thanks everyone! ❤ #transgender #nonbinary #genderfluid #transathletes

A post shared by Janae Marie (@janaemariekroc) on

執筆時、ブレアは間違いを訂正しておらず、動画は公開されたままです。

ウソつきブレア ドラァグ・クイーンを批判

ブレアは2019年に、小児性愛者のドラァグ・クイーンを告発した際は別人のドラァグ・クイーンの映像を使用していました。

ツイートされたサムネには、関係ないドラァグ・クイーンの写真を使用しています。

間違いを指摘されたブレアは何十万回も動画が再生された後、ようやくサムネを変更しました。

※編集後のサムネ

他にもハンターは「2019年に暴行の被害に遭った女性をペ■ファイルだと非難して、女性をアカウント削除まで追い込んだ。それもウソだった。」と話しています。

ウソつきブレア 活動家を批判

ハンターによると、ブレアは『子どもに性別適合手術をするのは虐待』と題した動画を投稿しています2。動画内で「トランス活動家を名乗る人の子どもがトランスジェンダーなんて都合がよくない? そんな偶然があるのかしら。」と紹介していました3

正しくは、活動家のデビー・ジャクソンさんは、自分の子どもがトランスジェンダーだった経験を通してトランス活動家になったと話しています。

このように、ブレアの動画は誇張やウソが多いとハンターはまとめています。

YouTuberたちの反応

ブレアの行状は、今まで何度も一部YouTuberから指摘され、批判されてきました。

コメンタリーYouTuberのニコラス・デオレオです。

(2020年10月15日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

YouTuberのテミミです。

YouTuberのクリープショー・アートです。

ブレアはリサーチをせず、衝撃的でミスリーディングなタイトルをつけ再生回数を稼ぐことに躍起になっているようです。人々が騒ぐようにあえて事実を曲げて伝えています。間違いを指摘された後も、訂正する姿勢はありません。正義づらをして悪人を成敗しているブレアが本当の悪人だったようです。

同じような手法のYouTuberにケイトリン・ベネットがいます。

Kaitlin Bennettはなぜオハイオ大学で騒ぎに?ガンガールの対立煽りビジネス
ケイトリン・ベネット(Kaitlin Bennett)がSNSで論争を巻き起こしていたので紹介します。 オハイオ大学の騒動 論争の的になった事件の動画がこちらです。ケイトリンが出演しているチャンネルLiberty Hangoutで202...

2020年10月15日、ブレアはTwitterでジャネーさんへ謝罪文を投稿しました。「中傷が目的ではなく、時間に追われた状態で制作したので誤りがあった」と言いたいようです。

このブレアの謝罪にもウソがあると指摘されています。

おまけ

ジャネー・マリー・クロックさんにはYouTubeチャンネルがあります。良い動画ばかりなので、興味がある方はぜひご覧ください!

Janae Marie Kroc
Janae Marie “Kroc” Kroczaleski is a gender fluid, non-binary, transgender woman. Known previously as Matt Kroc, she was one of the most successful and popula...

2017年にはジャネーさんのドキュメンタリー映画も公開されています。

Transformer | Official Trailer (2017)

Image: CreepShow Art

  1. 男性として生まれ育ったが自身を女性と認識している。
  2. ハンターは動画タイトルを“Children transitioning is child abuse”だったと話しているが、現在は変更されたか、削除されたため確認できていない。
  3. ブレアはそもそも子どもにホルモン療法を行うことに反対している。

  4. トランスフォビア(transphobia)とはトランスジェンダーを恐怖したり嫌悪したりすること。
タイトルとURLをコピーしました