自宅へ来たYouTuberを威嚇射撃したBoogie2988 ハラスメントを繰り返され怒りが頂点に

YouTuberニュース

著名YouTuberの自宅前で銃撃事件が発生しました。

今回の事件に関わったYouTuberはフランク・ハッスル(Frank Hassle)とブギー2988(Boogie2988)です。写真の左がフランク、右がブギーです。

フランクはゴープロを頭に付け、通行人に嫌がらせをして、その映像をYouTubeに投稿する人でした。このような動画です。BLMのデモ参加者を冷やかしたり、邪魔をしたりしています。

(2020年10月3日:削除されたYouTube動画をキャプチャ画像で置き換えました。)

最近、フランクのチャンネルはYouTubeの利用規約に違反しているため削除されています。その後、フランクは「YouTubeを追い出されたのはブギーのせいだ!」と根拠のない主張をしてファンをけしかけブギーへの攻撃を繰り返していました。ブギーは「フランクはredditに俺を攻撃する書き込み1を繰り返していた」と話しています。

ネット上でブギーへ嫌がらせをしていたフランクはとうとうブギーの自宅があるアーカンソー州のフェイエットビルに着いたと投稿します。

この投稿を受けて、ブギーは「お前は俺がペ▼ファイルだとかウソをネットで書き込んできたな。自宅へ来たら容赦しないぞ。絶対に自宅へ近づくな!」と警告する動画を投稿します。

このブギーの動画を見たキームスターはフランクとブギーに電話インタビューを申し込みます。2人に直接話をさせ和解させることが狙いでした。その様子はStoryFireの動画に投稿されています。

動画で、ブギーは同じ発言を繰り返し精神が不安定になっていることがわかります。キームスターは「フランクは悪ふざけをしているだけだ。ブギーは無視した方がいい。」と話しています。

この取材後、フランクは実際にブギーの自宅を訪れ、ブギーは威嚇射撃をしました。

StoryFireの動画では、防犯カメラの音声も挿入され2人の緊迫したやりとりが聞こえてきます。

ブギーは「ここは俺の家だ。俺に脅迫を繰り返したお前を呼んだ覚えはない。30秒間待っても出ていかないなら撃つぞ。」と話しています。その後、一発の銃声が響きます。

ブギーが威嚇射撃をした後、フランクは去っていきます。幸いなことにけが人はいません。

ブギーは騒動の後、動画を投稿しています。動画1分22秒から防犯カメラの映像が一部挿入されています。

Confronting a Stalker – Do Not Come To A Youtuber's House

警察に9月28日の防犯カメラの映像を提出してきた。捜査が行われるだろうが、発砲した俺が悪いのか、ストーカー行為をしたアイツが悪いことになるのかはわからない。

この動画を公開する理由は、ハラスメントが実際に起こっているという現実を伝えるため。狂った人間がいて、俺の自宅に押しかけてきたんだ。あの時、冷静になって威嚇射撃で済んだのは良かった。YouTuberの自宅へ行って嫌がらせをするのは本当にやめてほしい。

フランクもブギーも精神的に不安定な状態にあるように見えます。YouTuberは特殊な職業であるため、追い込まれやすく、精神的な問題が発生したとき治療を受けるのが遅れるのかもしれません。これまでにもフーズィー(Fousey)エティカ(Etika)などの精神的な問題を抱えるYouTuberがいました。彼らの異常な言動を面白がってあおり立てるファンがいるのも問題を難しくしています。

Image: Boogie2988 SHOOTS Frank Hassle FULL CONFRONTATION BANNED VIDEO

  1. ブギーは小児性愛者だとか、女性を暴行する人だとかデマを書き込んでいた。
タイトルとURLをコピーしました