アリアナ・グランデ新曲『Monopoly』反響と小ネタ紹介

セレブ・エンタメ

絶賛スウィートナー・ワールドツアー中のアリアナが新曲を発表しました。

『thank u, next』『7 Rings』に続きまた親友のシンガーソングライター、ヴィクトリア・モネと一緒に出演しています。2人とも可愛い!

Ariana Grande and Victoria Monét – MONOPOLY

今回は『Monopoly』の歌詞とMVが特徴的なので、元ネタを紹介します。

ドンテ・カリーのミーム

まずは、MVでアリアナが動くと文字が飛び出してきますね。これは、ドンテ・カリーのミームが元になっています。ドンテはトロント・カナダ在住のダンサー(インフルエンサー)なのですが、ポジティブなダンスがネットで話題になり、アリアナのMV出演となりました!凄い!

☝︎こんなメッセージを発信しています。元気になります!

Donte Colley Brings His Positive Dance Moves | Busy Tonight | E!

☝︎ドンテはネットで話題になったおかげで、女優ビジー・フィリップスの番組に出演しています。会話の時は照れていますが、ダンスになったら軽快な動きを見せています。

飛び出してくる文字は?

アリアナとヴィクトリアが弾き飛ばしてる単語はfuckery(クソなこと)、haters(ヘイター、アンチ)、negativity(ネガティブ)、trump(トランプ)とbad vibes(悪い雰囲気)です。

逆にお金や、クレジットカード、ハートの絵文字、healing(癒し)、positivity(ポジティブ)、loyalty(誠実さ)1を体から発散しています。

話題の歌詞

『Monopoly』の歌詞で「7 Ringsで儲けたお金の90%はサウンド・オブ・ミュージックの使用料にとられた2」と言っています。

さらに「男も女もどっちも好き」と歌っていることから、ファンの間ではバイの告白なの⁈と騒ぎになっています。

など、今回もファンはさまざまな意見を述べています。

via GIPHY

☝︎エリックはアリアナのヴォーカルコーチです。

アリアナがアルバム『thank u, next』に収録された、それぞれの曲の秘話を話してくれています。ぜひ併せてご覧下さい。

新アルバム『thank u, next』の秘話をアリアナ・グランデがラジオZach Sang Showで語る
アリアナ・グランデとプロデューサー、共同制作者(親友たち)がラジオ収録に集い新アルバム『thank u, next』の制作秘話を話してくれています。司会者のザックとアリアナは仲が良く収録の雰囲気がとても良いです。およそ1時間半のインタビュー...

参考:MONOPOLY Ariana Grande & Victoria Monét
Ariana Grande and Victoria Monét Bid Fuckery Goodbye

  1. royalty著作権の使用料の方じゃない
  2. 作曲家:ロジャース&ハマースタイン(Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました