アメリカ美容YouTuberが炎上したらこんなに悲惨 ジェフリー・スターと袂を分かったマニー・MUA

コスメ


アメリカのYouTube美容業界で起こった炎上騒動の紹介です。

事の発端

登場人物は5人です。

1人は大物美容YouTuberのJeffree Starです。(Jeffree Starについての記事はこちら

集合写真

左からGabriel Zamora(ガブリエル・ザモラ)Jeffree Star(ジェフリー・スター)、Manny MUA(マニー)、Nikita Dragun(ニキータ・ドラゴン)、Laura Lee(ローラ・リー)

残り4人はジェフリーにケンカ?を売ったガブリエル、ニキータ、ローラそしてマニーです。

特にマニーローラジェフリーを親友と呼ぶほど仲が良かったのですがある時を境にジェフリーはのけ者にされます。ファンたちにはSNSの投稿からジェフリーと4人が不仲になったのはわかっていました。(ファンの間ではビジネスでのトラブルが原因と噂されています。)

引き金はひとつの投稿

そんな時ガブリエルが投稿したツイートが問題になります。

☝︎カイリー・ジェンナーの誕生日会を4人が再現した写真ですが、「アイツがいなくてせいせいする。」とあります。これはジェフリーへのメッセージです。ジェフリーファンはこれはいじめだと声を上げます。

怒ったジェフリーファンはツイートを投稿したガブリエルと一緒に写っている全員の過去のSNSのあら探しを始めます。

するとガブリエルローラの過去の人種差別的投稿が見つかります。(ガブリエルジェフリーは人種差別主義で嫌いだと過去にツイートしているので偽善もバレます。)マニーのSNSでジェフリーに対する数々の悪口が発見されます。ニキータは過去に小児性愛に関して不適切な事をツイートしていました。

どれも4人のファンにとってはショッキングな出来事でした。

激しくなる炎上

そこから一気に4人へのヘイトと批判に火がつき、全員のYouTube登録者が激減します。 登録者が減っていく様を喜ぶツイートを少し紹介します。☟

こんなコラ画像まで。☟

Laura Leeの謝罪?

登録者の激減を食い止めようと、4人の中で最初にYouTube動画で謝罪したのはローラでした。

(2018.9.26追記:元動画が消されたので、他の人がアップした動画で差し替えました。)

Laura Lee ”apology” with closed caption on SUBTITLES

これで状況は改善するかと思いきや、まったく逆効果です!!

謝罪が芝居がかってる…。とか終始泣き声だけど涙が出てない…。とかこの動画謝罪になってないから削除しろ。と怒りの声がコメント欄に溢れ、低評価が91%もついてしまいます。(火に油を注いでしまったようです。)

さらに蚊帳の外のはずのYouTuber!からも批判の動画が投稿されます。どすこいYouTuberのトリシャ・ペイタス姐さんです。☟

LAURA LEE'S BULLSHIT APOLOGY

Philip DeFrancoもニュースとして取り上げます。☟

The Jeffree Star Laura Lee Apology Implosion, Asia Argento Hypocrisy Controversy, & More…

結局、謝罪しても許してもらえないローラはさらに登録者を減らしていきます。

ガブリエルの謝罪

ここで、問題のtweetをしたガブリエルが謝罪動画を投稿します。☟

すっぴんなので一瞬誰だか分かりませんが、確かに本人です。

My Truth

いろいろ本音をぶちまけている謝罪動画です。

動画を撮る前にジェフリーと話して直接謝罪もしたそう。ついでにマニーとは縁を切ると言っています。マニーからジェフリーの悪口を聞いて、自分もジェフリーを嫌いになってしまった、直接嫌な事をされた訳ではないのにジェフリーを憎んでいた。事実確認もせず、片方の言い分だけを鵜呑みにしてしまった。ごめんなさい。と話します。さらにマニーに対してジェフリーのおかげでここまで人気になれたのに、恩を仇で返すのは良くない。マニー過去にたくさんの人といざこざを起こしているのは本人に問題があるからではないか?と語ります。

ジェフリーもツイッターで「真理はあなたを自由にする。」とつぶやきます。

下の動画では、ガブリエルが正直に謝ってくれた事に泣きながら感謝しています。

ファンたちはマニーへの批判を強めます。

Manny MUAの釈明

ここに至って沈黙を守っていたマニーが謝罪動画を投稿します。

My reality check

ガブリエルのように名誉挽回できるのか!!

……ダメでした。傲慢な態度で真相を明かそうとしないマニーにファンは落胆し、動画には76%の低評価が付きます。

マニーの動画を受けジェフリーはツイッターにこんな投稿をします。

要約すると自分に悪影響を与える人とは縁を切ったほうがいいと言っています。(マニーのこと。)

そして、ジェフリーこれ以上この問題に関わりたくないと終止符を打ちます。

炎上の余波

ローラ

執筆時点でローラは登録者を50万人減らし、4社に契約を打ち切られました。ULTA Beauty, DIFF eyewear, Morphe Cosmetics, BOXY CHARMです。これらの会社は過去のことであれ人種差別的な言動は容認できないと発表しています。

マニー

マニーは登録者を25万人減らしました。SNSの更新は無く、新しい動画投稿もありません。

ガブリエル

ガブリエルは謝罪動画の誠実さと、心底反省している様子がファンに受け入れられ、登録者を32万人増やしています。結局焼け太った感がありますが、キャリアへの深刻なダメージは免れました。

ニキータ

ニキータは特に謝罪動画も無く、登録者も変わらず増やしているので激しい批判の対象ではなさそうです。(一時的に6000人程登録者は減りましたが。)SNSも頻繁に更新しています。

この炎上の特徴

今回の騒動の背景にあるのは、問題ツイート以前の仲間割れ、アメリカの人種差別に関する緊張感、騒ぎを聞きつけて集まってくる野次馬たちです。

美容動画のメイン視聴層はレイトティーンズ(18〜19歳)以降であることも、問題が忘れられにくい理由のように思います。今回の炎上に関わったYouTuberは22歳から32歳で同年齢の大人の視聴者が多いのです。(例えばローガン・ポールの主要ファンは子供なので、ファンは問題の深刻さを捉えにくく、忘れやすい。)

Philip DeFrancoはニュース内で炎上が原因でこれほど長期間登録者を減らした例は見た事が無いと話します。

人気が命のYouTuber商売ですが評判を1度損なうと回復するまで時間がかかりそうです。本人が過去に起こした問題に対して、深く反省しているのならそこまで怒らなくても‥と思うところはあります。

参考:
A guide to the racism scandal that’s tearing Beauty YouTube apart
Gabriel Zamora Publicly Denounces Manny MUA and Officially Takes Jeffree Star’s Side in the Feud
Jeffree Star Rejects Manny ‘MUA’ Gutierrez’s Apology in the Shadiest Way Possible

Image: Beauty Sleuth Official

タイトルとURLをコピーしました