陰謀論を広める煽動者 アレックス・ジョーンズYouTubeを追放される

YouTuberニュース

Infowarsの司会者で(極右系)陰謀論者のAlex Jones(アレックス・ジョーンズ)さんがYouTubeアカウント追放処分となりました。ネットニュースになっています。

Philip DeFranco(フィリップ・デフランコ)の動画です。

Why We Need to Talk About The Alex Jones InfoWars Ban, & The Bangladesh Student Protests Explained

Spotify、Apple、Facebookのアカウント停止処分に続いてYouTubeもアレックス・ジョーンズ追放の判断を下しました。

アレックス・ジョーンズは自身のプラットフォームで反ユダヤ主義、イスラム教撲滅、人種差別、同性愛嫌悪、性差別的主張を繰り返し宣布してきました。熱狂的なファンはアレックス・ジョーンズの主張を文字通り受け止め、ネットや実社会でさまざまな影響が出ています。

例えばSandy Hook Elementary School shooting(サンディフック小学校銃乱射事件)の犠牲者は全員雇われた俳優で、事件はでっち上げだとInfowarsは放送しました。それを観た視聴者は一斉に犠牲者の遺族に、殺害予告などの脅迫を行いました。そのため、ある犠牲者の遺族は7回の引っ越しを余儀なくされます。(事件で家族を失った人々にここまで嫌がらせをするのはどんな神経をしているのでしょう。)ファンはアレックス・ジョーンズ(Infowars)の放送内容を信じきっているのですね。

Philip DeFrancoの意見として、YouTubeは私企業であるからアカウント追放の判断は表現の自由の侵害に当たりません。アレックス・ジョーンズが今まで放送してきた内容は偏りがあり、視聴者を暴力的、排他的思想に煽動していたため判断は遅いくらいだと述べています。

YouTube側が追放に至る明白な判断基準を公表しない理由は、公表してしまった場合、觝触しないギリギリの動画を見過ごさざるを得ないからだろうと話します。YouTubeは私企業であるから公表する義務はありません。

Ana Kasparian(アナ・カスペリアン)の動画です。

Alex Jones BANNED from YouTube, Ana Responds

アレックス・ジョーンズの最近の放送内容はどんなものだったでしょうか。

The Alex Jones Showの中で特別検察官Robert Mueller(ロバート・ミュラー)が小児性愛者だと主張していました。子供を誘拐し繰り返しレイプした怪物だというのです。

話の出所はどこだったか?

ニューヨークの大富豪Jeffrey Epstein(ジェフリー・エプスタイン)の司法取引に関係がありそうです。ジェフリー・エプスタインは2005年に未成年との淫行容疑で逮捕されています。その時期、ロバート・ミュラーはFBIの長官を務めていました。…ロバート・ミュラーは事件と何の関係もありませんね。

しかし、ドナルド・トランプは2002年にジェフリー・エプスタインの事をこう話しています。

ジェフリーは一緒にいると楽しい人物さ。聞いたところによると僕と同じように無類の美女好きでね、特に若い子が好みらしい。楽しんでるみたいだよ。(アレックス・ジョーンズはトランプには何も触れていません。)

放送ではアレックス・ジョーンズが手をピストルの形にし、ロバート・ミュラーの暗殺を促すような素振りを見せています。

他にも、「リベラルは俺らを殺しにくる。暴動や内乱に備えよう。俺らを一列に並ばせて頭を撃って、娘をレイプし、息子を殺し、妻たちを畑で死ぬまで酷使するんだ。」と視聴者を促しています。

Ana Kasparianの意見です。アレックス・ジョーンズはこれからも根拠の無い誤報や陰謀論を何百万もいる視聴者にまき散らすことに疑いの余地はありません。今回の追放処分は検閲でも、言論の自由を侵害しているわけでもありません。これ以上、狂人に根拠の無いプロパガンダを宣布させ、罪の無い人々の命を危険にさらしてはいけないのです。

アメリカ保守系のなかでも陰謀論信者が熱心に観ていたアレックス・ジョーンズの追放は今後社会に波紋を広げていくでしょう。意見を封じ込められたと感じた人々がもっと危険な思想に追い込まれないか不安が残ります。ちなみにTwitterは他のSNSとは一線を画し、「政治的な中立性を保つため」アカウントの停止には至っていません。以下の記事はTwitterがアカウントを追放しないのはアレックス・ジョーンズと同等に罪であるような書きぶりです。どのような思想、表現を追放するか、どこから言論の自由の侵害に当たるかは議論の余地がありそうです。

Twitter’s stance on Infowars’ Alex Jones should be a moment of reckoning for users
CEO Jack Dorsey’s statement on Jones shows that the site has arrived at a moral crossroads — and is choosing the wrong path.

アレックス・ジョーンズも煽動に一役買った事件(裁判になっています)☞ピザゲート事件

タイトルとURLをコピーしました