カフェインを一週間抜くと‥‥離脱症状の数々が明らかに

ライフスタイル

毎日の習慣で口にしているコーヒー、緑茶、エナジードリンクなどにはカフェインが含まれていますが、それらを一週間の間、完全に断つと、どんな変化が起こるでしょうか?

Gabbie Hanna(ギャビー・ハナ)が自分を実験台にした動画です。

This Is What Caffeine Withdrawal Looks Like.

離脱症状がたくさん⁈

まず、カフェイン離脱症状として動画内であげられているのが

  1. 頭痛
  2. 眠気
  3. イライラ
  4. 無気力
  5. 便秘
  6. うつ気味
  7. 筋肉痛、コリ、けいれん
  8. 集中力の低下
  9. 風邪気味
  10. 不眠症
  11. 吐き気、嘔吐
  12. 不安になる
  13. 頭がぼーっとする
  14. めまい
  15. 不整脈

これらです。すごい数ですね。一見カフェインと関係なさそうに見えます。

月曜日

初日の月曜日です!

1時間普段より遅く目覚めます。走りに行きますが、足が重く前に進めない感覚に陥ります。その後、かつてない程ふくらはぎが張ります。9時就寝。

火曜日

ジムに行きますが、片頭痛や立ちくらみが出ます。薬中のような思考回路になり、カフェインを飲む正当性を訴えます。(実験中なのでコーヒーは飲めません。)無気力になり、集中力に欠けます。

水曜日

朝は気分良く目覚めますが、仕事場でイライラが全開になります。意味もなく(くだらないことで)怒りが湧くようになります。

木曜日

最も離脱症状が辛かったと話します。(普段からうつで苦しんでるGabbieですが)極端に気分が落ち込み、うつ気味になります。ジムで運動の予定でしたが、早く帰ります。大事な仕事の会議がありますが、あくびが止まらず、胸のむかつき、吐き気におそわれます。

金曜日

最後の日なので、多少気分は晴れます。しかし車の運転中パニック発作になり、車を停車させなければなりません。こんなにも日々カフェインに頼りきっていたのかと自覚します。

土曜日

待ちに待った朝のコーヒーを口にします。その後ジムで運動する様子が見れますが、かなりエネルギーに満ちているのが分かります。おしゃべりになり、気分は明るくなり実験中と同一人物とは思えません。

結果

いかに普段の生活をコーヒーに頼って乗り切っているか分かり怖くなった、話します。片頭痛や、立ちくらみだけではなく、精神的にも大きく影響しているのを実感したそうです。Gabbieにとって生産性を保ち、創造性を持つにはカフェインが必要なのですね。

その他にもカフェインを抜いた1週間体重が増えた事も、気分の落ち込みに影響した、と話します。

私にとってのコーヒー(カフェイン)はポパイにとってのほうれん草という発言が印象に残りました。(コーヒー断ちをして)頭痛に苦しんだことがあるのでGabbieの気持ちは分かります。

タイトルとURLをコピーしました