親の卒業アルバムみちゃった 子供たちの反応は?

おもしろネタ

おもしろ動画紹介です。

日本の学校ではアルバムといえば、卒業アルバムが通常ですが、アメリカの学校では各学年を修了した段階で毎年year bookが発売されます。一人一人の顔写真と、年間イベントのハイライトが詰まった形式は同様ですね。夏が卒業シーズンになります。

TEENS REACT TO THEIR PARENT'S YEARBOOKS

動画では親子2世代で座り、子供たちが自分と同年代だったころの親のyear bookを見る、という企画です。恥ずかしいような、誇らしいような、不思議な感覚ですね。

15歳でメキシコから移民したきたお父さん。今の弟とよく似ていると話しています。学校終わりはバイトのかけもちで忙しかったそうです。

80年代ということで、髪型がふわふわ!アイシャドーが青く濃いのも当時の流行です。修正フィルター(Photoshopとか)が無い時代は大変だったのよ!と言ってます。

当時ミニスカートが全盛期だったけど、母親に禁止されていたから、鞄にこっそり入れて学校で着替えたと話すお母さん。娘も共感できるエピソード?

お母さんがプロムクイーンで笑っています。息子もprom court(プロムキング)にノミーネートされたそうで、親子で受賞できれば、と話してます。

卒業2週間前に撮った集合写真だそうです。両手を広げてイケてる子みたいと娘が言います。今もイケてるぞ!とお父さん。

親が自分と同じ歳の時があったという、当たり前の事実を新鮮に感じる子供たち。感慨深い経験ですね。

タイトルとURLをコピーしました